ナビゲーション

  • 前のアイテム
  • 次のアイテム
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2018/05 >
    MonTueWedThuFriSatSun
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 個別アイテム

    2007-08-30

    靖国神社に見る遺書・・・海軍大尉



     靖国神社では毎月遺書が掲示してある。八月の遺書を書き写してきたので紹介しよう。

        遺  書
           海軍大尉
    二十三星霜の御高恩、心より御礼申上候。
    万感胸に到りて一句も無之候。何卒意中御察
    被下度候。父母上様の御健康を神かけて祈り
    つつ出撃致す心算に候。
     峯高き五の宮の山そのよはひ
        我がたらちねの父母にこそやれ
     風邪ひくな寒からぬ我が夜着を
        たれがとりみん父母ならずして
    追伸
    大館似ての写真並に御守有難く頂戴仕候。
    多聞とは楠公幼時の名前にて候。
    本隊の回天隊の名も頼山陽の楠公論の所に
    見ゆる如く、天日の既にかくるるを回すより
    起きたる名にて候。
    同書並びにハンカチの血は小生の血にて
    書けるものにて候。
    菊水の流れの如く七生被国を誓い申上候。

    この遺書を読んでどう感じますか? 些細なことで怒ったり、些細なことで悩んだり、些細なことで自暴自棄になったり、・・・彼らのためにも頑張らなければ・・・そんな思いです。

     

    posted at 18:53:26 on 2007-08-30 by hatiro - Category: General

    Comments

    mySQL error with query SELECT c.citem as itemid, c.cnumber as commentid, c.cbody as body, c.cuser as user, c.cmail as userid, c.cemail as email, c.cmember as memberid, c.ctime, c.chost as host, c.cip as ip, c.cblog as blogid FROM nucleus_comment as c WHERE c.citem=347 ORDER BY c.ctime: Unknown column 'c.cemail' in 'field list'

    コメントはありません。

    Add Comments