ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー


    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2007-08-26

    靖国神社遊就館で・・・



     本日、三男坊と一緒に靖国神社へ行った。子供の希望で行ったが、1月以来である。相変わらず参拝者が多い。記念館である遊就館は見学者が特に多いようである。中には中国人、韓国人と見学者がいる。靖国神社と日本の靖国信仰の意味を、アジア諸国、特に中国、韓国には理解して欲しいものである。何かとすぐに靖国問題が取り沙汰されるが、諸外国がどうこう言う筋合いのものではないと思う。
     写真は回天、全長は約14メートル、重さ8トン余り、1トン以上の爆薬を積み、一人乗りで潜望鏡で前方を見ながら敵艦に体当たりする死の片道切符である。遊就館には若い戦死者の遺品が多い。いつも思うのだが、青春を犠牲にし、若き命を日本の為に散らせた若者の犠牲の下に今の日本があることを理解し、感謝しなければならない。我々はもっと前向きに、お互いが切磋琢磨しながら協力していかなければならない筈である。尊い犠牲を、後の世の幸せの為に、生かす努力を我々はしなくてはならない責任があると思う。

    19:30:17 - hatiroにメールを送る - コメントする[ 190 comments now ]