ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー


    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2007-08-01

    子供たちは・・・・・今・・


     クリスチャン・ラッセンという版画家がいる。イルカをモテーフにした版画が多い。海中に光が差し込み、イルカがヒレをかいて泳ぐ泡立ちにも光が反射しているのが表現されている。何ともきれいで、版画なのかと疑いたくもなるようだ。
     東京にいる長男は、ラッセンと会って話をしたという。と言うのも、長男はラッセンの版画を販売している会社で絵の講師をしている。本業は宝石の鑑定、特にダイヤモンドの鑑定をしている。変わった仕事を選択したもので、安月給で頑張っている。
     三男は大学を休学して海上自衛官の訓練を受け、明日から船に乗ると言う。厳しい訓練は予科練の如く、叩いたり叩かれたりと今の社会では考えられないことが実施されているようだ。この位厳しい訓練を耐えることができたらどんなことでも出来るだろう。これからどんな風に考えて行くのかは分らないが、良い経験をしたと思う。
     四男は三男と入れ替わりで帰省する。独立心の強い子であり、彼も航空自衛官として頑張っている。
     二男は凄い知識を持って、色々と模索をしているようだ。政治経済などの知識については、私も顔負けするくらいにある。多分同年齢では歯が立たないだろう。彼がいつ始動するか楽しみである。

    18:58:57 - hatiroにメールを送る - コメントする[ 220 comments now ]