ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー


    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2007-05-22

    公園に捨てられた猫



     公園には野良猫が多い。何故かというと、ペットとして飼っていた猫を、いらなくなったということで公園に捨てに来る。また、子猫が生まれたのでそれも不必要になり捨ててしまう。命あるものが簡単に見殺しにされている。
     教育の中で大切なものは、美しいものを美しいと感じる心を育てること。命あるものを大切にする心を育てること。思いやりの心を養うこと。そんな講義を受けたことがあるが、今の世の中当てはまらないことが多い。犯罪も多く発生している。
     さて、公園に捨てられた猫、果たしてどうすれば良いのだろう。行政は、公園の猫には餌をやらないようにと注意書きがある。確かに猫を増やさないようにするには仕方がないことかも知れない。しかし、見殺しにして良いのだろうかとも思う。一番悪いのは捨てる人だろうが、動物愛護法に基づいて罰するのが良いのか、議論は分かれるところだろう。
     本来、ペットを可愛がらない人は飼うべきでない。その上で、行政と愛護団体や市民グループが協力しながら、良い方法を探すことが大切な気がする。

    17:36:05 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]