ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2007/04 >
    MonTueWedThuFriSatSun
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2007-04-11

    350年前の人口湖、野岳湖



     昨日は野岳湖のそばの菜の花のことを書いた。
    写真は、その野岳湖である。350年前、鯨捕りで財を成した深沢儀太夫が、灌漑用のため池として構築したものである。所謂人口湖であり、国内でもこのような人口湖はほとんど残っていないという。また、松杭を抜いたりして水の調整をするような技法が残り、大雨や台風の時には何本かの杭を抜き水を落としている。と言うことは、代々この湖の管理をしている人がいる。その人は大雨の時には必ず杭を抜きに行っている。
     財を成した人が、農民の為に灌漑用の湖を造り、社会貢献をしている。今の時代、中々そんな人がいないようにも思う。立派な先人が、わが郷土にいたことを誇りに思い、時の流れに遡って見ると、大変な事業であったことを痛感する。

    18:44:15 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]