ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー


    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2007-03-07

    長崎出島



     写真は長崎の出島の一辺である。オランダ商館があり、その裏には出島の全景がミニチュアサイズで作ってある。かつて長崎はオランダ交易で栄え、鎖国までは外国人の往来があり、居留地があった。その時代までタイムスリップして見たいものである。
     「赤い花ならまんじゅしゃげじゃがたらお春は・・・」と古い歌が浮かんでくる。この時代、私の住む町大村市は、領主がキリシタン大名となりヴァチカンへ天正使節を送っている。そしてキリシタン禁止令が秀吉の時代に出され、大村藩主は再び、日蓮宗への改宗を余儀なくされている。そして鎖国となり、幕末には肥前大村藩は薩長土肥として政府軍に属し、新政府の誕生に寄与している。
     時代の変遷を見ると、何となくその時代の様相が理解でき、何となく哀愁を感じるようでもある。今の変化し過ぎた世界に少しがっかりの感もある。

    18:38:36 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]