ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2006/09 >
    MonTueWedThuFriSatSun
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2006-09-02

    季節は?人の心は?政治は?

     九月に入って朝は涼しくなったように思う。日中はまだ残暑が厳しい。四季の変わり目は肌で感じるようになる。秋はもうそこに来ているのだ。
     季節は規則的に変化し、特に四季のある日本はその変化が目に見えて分かる。しかし、人間の心は段々にすさんできているように思う。殺人事件、安心して学校にも行けないようなことが起こる。何がそうさせているのだろう。政治も政治家の保身でしかないように思う。国民のための政治はどこに行ったのだろう。リンカーンが言う「国民による国民のための政治」はどこに行ったのだろう。
     危険なアメリカ産牛肉輸入再開、危険な中国野菜・・・。安ければいいと言うわけではない。
     フィブリノゲンの訴訟問題、もっと慎重な対応が国にあれば、訴訟なんて起こりはしない。人の命は大切ではなくなっているのか?不思議な国である、私たちが住む日本は。いい国にしたいものである。みんなので・・・。

    19:55:02 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]