ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2006/08 >
    MonTueWedThuFriSatSun
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2006-08-21

    早稲田実業高校、駒大苫小牧高校、感動をありがとう



     今年の高校野球の決勝戦は日本国中を熱くした。決勝戦は息詰まる投手戦で15回を終わり、ドローの再試合となった。今日21日、あまり野球に関心のない人たちも、決勝戦に関心を持った。結果的には接戦の末、早稲田実業高校が、駒大苫小牧高校を4−3で振り切り、初優勝に輝いた。2校のピッチャーの凄いスタミナと執念が光った。今の若者にもこんな根性があるのかと言うことに驚いた。脱帽である。人は、一生懸命努力するときには、体力の限界を超えた潜在的な力が発揮されるもののようである。肩は張り、腕は充血し、腰もパンパンに張っていただろう。にも関わらず頑張れるその精神力には驚いてしまった。
     多くの人たちが2校とも優勝させたかったろうと思う。しかし戦いは戦い、勝ち負けはある。しかし、心の中では観戦していた日本中の人たちと同じように、戦った2校の選手たちは充実感に満ちていることだろう。
    選手諸君!感動をありがとう。これからもこの精神力を大切にして欲しいと思う。

    20:28:27 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]