ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2006/06 >
    MonTueWedThuFriSatSun
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2006-06-24

    雨は力、木々は伸びる


     梅雨になると、毎年のことであるが木々は勢いよく枝を伸ばす。野の草花も、見る見るうちに背を伸ばす。木にもいろんな種類があるが、住宅の生垣に植えてある名前は分からないが、小さな花をつける木がある。一雨ごとに枝が伸びる。生育の強い木だと言うが、何とも剪定を一年に何度もしないといけないようだ。草が伸びるように枝が伸びる。成長する木は縁起がいいのかもしれないが、生垣に植えて、何度も剪定するのは大変なことかもしれない。
     いずれにしても、水は木や草花を成長させるには大切なもの。また、共に太陽の光もそうである。雨は、木々の生長の力、そしてその木々は、私たち人類に酸素を供給してくれる源だ。四季の恵みは規則的な自然の摂理の中にあり、豊かな自然を形成してくれる。それを人間の欲で、自然を破壊し、地球を汚しているのも事実である。出来れば、自然の力と恵みに感謝して、豊かな気持ちで生きたいものである。

    10:24:37 - hatiroにメールを送る - コメントする[ 8 comments now ]