ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2006/05 >
    MonTueWedThuFriSatSun
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2006-05-20

    「屋根より高い鯉のぼり」に思うこと。


     五月の端午の節句も過ぎ去ってしまった。今年は、歌にあるような「屋根より高い鯉のぼり・・・・・」はあまり見なかったような気がする。時代の経過は、人々の習慣まで変えてしまったのだろうか?それとも皆、忙しいのだろうか?はたまた不景気のせいだろうか?
     男の子の行く末を願い鯉のぼりを上げてきた。「強く、元気に、豊かな心をもって・・・」そんな親の思いがあったことだろう。
     最近は親子の情愛を否定する行為がよく報道されている。親が子供を、子供が親を殺してしまう。また恋人同士が、そして兄弟同士が殺し合いをする。なんと言う世の中なのだろうと思ってしまう。
     昔の日本の精神文化はどこに行ったのだろう。韓国のように儒教の精神を持って、先祖や親を大切にする。少なくとも家族の幸せを願い、人を大切にする心を持ちたいものである。
     

    21:51:56 - hatiroにメールを送る - コメントする[ 1 comment now ]