ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2006/04 >
    MonTueWedThuFriSatSun
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2006-04-26

    川を泳ぐ鯉のぼり



     近くの川をまたいで鯉のぼりが泳ぐ、鯉のぼりは川に映り、川を泳いでいるように見える。「そうか!端午の節句が近いんだな。」子供が大きくなって、節句前には必ず揚げた鯉のぼりも、武者飾りも、押入れの中に眠っている。
     風に吹かれてなびく鯉のぼりは、とてもすがすがしく、川で泳ぐ鯉の勢いを感じさせる。この風習はいつから始まり、誰が考えたのか分からないが、端午の節句には相応しいものである。
     兄弟喧嘩で兄を殴り殺したり、少年が幼児を突き落としたり、友達を刺し殺したりと、本件でも痛ましい事件が起こっている。すがすがしい鯉のぼりのように、空高く、大いになびいて、元気良く、子供たちには健全な成長を遂げて欲しいと祈るものである。

    15:38:32 - hatiroにメールを送る - コメントする[ 5 comments now ]