ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2006/04 >
    MonTueWedThuFriSatSun
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2006-04-19

    若さとは?


     人を見て、「若さがある。」と感じるのはどんな時だろう。体力的な若さを言うのか、精神の若さを言うのだろうか?
     ある人がこんなことを言っている。「20歳にして死に、60歳にて埋められる。」というのである。このことの意味は、目標が無い生き方、人生の目標が無いような人は死んだも同然である。漫然として時を過ごしているだけに他ならない。そして、身体の寿命がきた時に墓に埋められるだけである。言うなれば、生きた屍とでも言うのだろう。
     確かに肉体の若さは、青春真っ只中の人たちのことを言うのだろうが、本来、「若さがある。」というのは精神の若さを言うのだと思う。心の持ち方で、より若く、よりはつらつと人生を謳歌することができる。それは、前向きな人生、前向きな考え方を持ち、前向きに行動できる人、そして人生に目標を持っている人、そんな人を「若さがある。」というのだと思う。

    18:56:33 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]