ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2006/03 >
    MonTueWedThuFriSatSun
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2006-03-06

    得友そして親友に・・・。


     ある書に、「友を得んとせば、汝が心を友の心の中に置かしめよ・・・。」という一説があったことを思い出した。
    友の心の中に入るということは、心を本当に通じ合うことが出来ると言うことだと思う。人は、何となく本音を言わず、見せ掛けの友達で居ることが多いのではないだろうかと思うことがある。本音で話して、本音で付き合う。自分に飾ることをしない。裸の自分を見せることが出来る。そんなに出来たらいいなと思う。人は成長するに比例して、蓑虫ではないが、殻を厚くして自分をガードしているようにも思う。「実るほど頭を垂れる稲穂かな。」にならなければならないのが不思議である。社会構造がそんなになってしまっているのだろうか?
     前に戻るが、果たして自分にそんな友達が居るだろうかと考えてみた。いる、いる・・・。少ないが確かに居る。
    これからの人生、心を大切にしていきたいと思う。

    19:48:55 - hatiroにメールを送る - コメントする[ 7 comments now ]