ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2006/02 >
    MonTueWedThuFriSatSun
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728     

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2006-02-04

    星空を見ようよ。すばらしいよ。

    夜空を見ると、澄み切った空に星が輝いている。夏の夜空と違って、澄み切っているように見える。身体は冷えるが、美しい星を見ると心が落ち着くようだ。広い宇宙、太陽系はどの位広いのか想像も付かない。太陽系もほんの一部だという。なんと広大な、無辺な宇宙だろう。そして、太陽系の中のひとつの星、地球がある。そこには豆粒にも満たない人間が住んでいる。その人間はまた、成功に出来た生き物である。そんなことを考えると、宇宙万象の規則正しく、精巧に出来ていることにびっくりする。そんな宇宙、空だから感銘するのだろう。いらいらする心も、空を眺めると落ち着いてくる。そして自分が仕組みの中で生かされていると実感が沸いてくる。生かされているという実感は、努力しようという気を沸き立たせてくる。今、世の中は人心の荒廃が目立っている。広い空を眺め、ゆったりとした気持ちを養うことが大切ではないだろうか? あまり空をゆっくりと見る人はいないのではないかと思う。私は提案したい、空を見ることを・・・。

    16:04:11 - hatiroにメールを送る - コメントする[ 1246 comments now ]