ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2006/02 >
    MonTueWedThuFriSatSun
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728     

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2006-02-16

    上野の西郷さん



     東京の上野公園で、久しぶりに西郷さんの銅像をゆっくりと眺めた。幕末の薩摩藩士の大志と、征韓論で敗れ悲哀があるのだろうか。ただ、今の我々にない大きな志と、これからの時代への希望とが溢れ出ていたのだろう。なんとも羨ましい気がする。そして、小さなことで考え込む自分を情けなくも思う。
     もし、西郷隆盛が現在の日本の姿を見たとき、どんな風に映るののだろうか。物の豊かさに満足するのだろうか?それとも、心の豊かさに欠けた現代の世相にがっかりするのだろうか? ひ弱な日本人に何か言いたいことがあるのだろうか? 銅像を眺め、目を閉じると、何となく西郷さんの時代背景が浮かんできた。時代の進歩は、物の豊かさに反し、心の豊かさが薄れ、自分中心な時代へと変化して行く様な気がする。いつまでも、西郷さんの銅像が見つめるように、清らかな目で、遠くにある美しいものを見据えて行きたいものである。
    「しっかりせよ!日本国、しっかりせよ!日本人」そんな声が聞こえるようだ。

    15:30:12 - hatiroにメールを送る - コメントする[ 3 comments now ]