ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2006/12 >
    MonTueWedThuFriSatSun
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2006-12-16

    有明海を望み思うこと・・・。



     太良町の竹崎から有明海を望む写真である。ここは蟹の名産地である。温泉と蟹道楽の地域である。以前言ったときの写真だが、曇り空で余りきれいではない。JRの長崎本線も海岸通りを走り、眺望の良いところである。
     この有明海は諫早干拓による潮受け堤防により、海苔の生育が悪く、干潟が埋められ、むつごろうなどの魚介類にまで影響を及ぼしている。しかし、一方では地盤が低く海の害を受けている海岸線もある。自然保護も大切であり、住民の生活も大切である。
     本来どちらにも良い解決方法があったと思うが、そんな議論は双方の自我の中での議論であり、相手を思いやる議論にはならなかったのだろうと思う。
     何が大切なのかは、事業を起こす時にもっと調査をし、よく議論をすることも大切だろうし、相手の立場を考えながら話し合う姿勢も大切なのではなかろうかと思う。

    19:47:32 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]