ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2006/11 >
    MonTueWedThuFriSatSun
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2006-11-30

    親の務めは何だろう・・・。


     親の務めは何だろう?子供にとって親とは何だろう?そんなことがふと頭を過ぎった。子供が生まれ育って行く、学校へ行き、成長して行く、そして仕事に就き、結婚し、親になる。当たり前のことであるが、なかなか難しいのが現実である。就職もままならないし、将来の展望がもてない状況にあるのが子供たちである。
     土地は必ず上がるものと思っていたことが下落し、銀行はつぶれないと思っていたことがそうではなくなった。世の中は予測が出来ないほどに変わり、不安が増すようになった。子供たちにとっての将来はどうなるのだろうとも考える。
     しかし親は何時までも親であり、子供は何時までも子供である。子供が一人前になるように、親は見届ける責任があると思う。いくつになってもそうだろうと思う。ただ子供を信じ、子供の自立をじっと見つめていくことが大切なのだと思う。いらいらしたり、ストレスになったり、いろんなことがあるかもしれないが、それでも子供を信じて見守ることが親の務めだろう。

    17:41:48 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]