ナビゲーション

  • 前の日
  • 次の日
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2006/10 >
    MonTueWedThuFriSatSun
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2006-10-26

    田には稲、どうなる日本の農業・・・。

     田には稲刈りが終わり、稲を天日で乾燥させている。6月に田植えがあり、秋の収穫が最中である。
     稲は天日で乾燥させるほどおいしいと言う。田植え、除草、農薬散布、等々手塩にかけて育てられる。稲が出る前は早朝に農薬散布をし、稲が出てからは夕方に散布するらしい。 農業者のそんな苦労を知らずに、私たちは米を食べる。新米の香りがとても豊かだ。茶碗に注いだご飯は、ほのかな湯気を出し、団欒の時を醸し出す。日本人にとって大切なものの一つだろう。
     しかし、日本の食糧自給率は39%でしかない。減反などせずに、もっと米や野菜を作り、家庭の食卓に供給しなければならない。もっと日本の農業を見直し、みんなで応援したいものである。

    19:31:55 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]