ナビゲーション

  • 前の月
  • 次の月
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2006/10 >
    MonTueWedThuFriSatSun
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2006-10-31

    熊本城にて・・・。



     10月30日、会議のため熊本へ行った。久しぶりの熊本である。翌31日、熊本城へこれまた久しぶりに行ってみた。築城400年祭を前に、本丸御殿の建設が急ピッチで進められていた。広さは延べ面積で3,000?弱もある。
     加藤清正公の居城、そして当時の城下は、模型で見る限りでも凄いものである。手植えのイチョウの木、兵糧攻めにでも耐えるための数多い井戸、中には40mの深さもあると言う。
     目を閉じ、当時にタイムスリップして浮かんだものは、虎退治の清正公であった。

    19:16:27 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-29

    佐世保よさこい祭り・・・。



     佐世保市では、28日・29日よさこい祭りが開催されている。仕事で佐世保市へ行き、よさこい祭りに遭遇した。身体を動かし、楽しそうに、それぞれのグループが踊っている。聞いたところでは、170〜180のチームが参加しているとか。
     踊りを見ていると活力が感じられる。不景気風が吹っ飛んでしまいそうな感じである。エネルギッシュに踊る姿は真剣そのものだ。毎日の生活がこれだけのエネルギーであれば、これまた大したもの。
     「こんな活力で頑張れば、日本沈没は起こらない。景気は次第に回復するであろう。」私は景気予報士になったつもりでいる。

    17:55:26 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-28

    人生を有意義に送ろう。


     散髪に行った。また白髪が増えてきたように思う。眉毛にも白いものが混じってきたようだ。「仕方がないさ、そんな年になったんだから・・・。」と思いつつも、少しショックである。「ちょっと髪もうすくなったんじゃない?」と問うと、「そんなことありませんよ。」との返事であった。少し安心した。
     人は、一年一年当然ながら年をとって行く。若い頃は感じなかった体の変化が年相応に出てくるものだ。病気になった同級生もいる。他界した同級生もいる。しかし、元気に、楽しく、有意義に人生を送りたいものである。目標を持って、価値ある人生にしたいと思う。今日、東京の同級生に久しぶりに電話した。また、元気が出た。友は元気の源だと思う。お互い切磋琢磨で頑張りたい。

    20:22:23 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-26

    田には稲、どうなる日本の農業・・・。

     田には稲刈りが終わり、稲を天日で乾燥させている。6月に田植えがあり、秋の収穫が最中である。
     稲は天日で乾燥させるほどおいしいと言う。田植え、除草、農薬散布、等々手塩にかけて育てられる。稲が出る前は早朝に農薬散布をし、稲が出てからは夕方に散布するらしい。 農業者のそんな苦労を知らずに、私たちは米を食べる。新米の香りがとても豊かだ。茶碗に注いだご飯は、ほのかな湯気を出し、団欒の時を醸し出す。日本人にとって大切なものの一つだろう。
     しかし、日本の食糧自給率は39%でしかない。減反などせずに、もっと米や野菜を作り、家庭の食卓に供給しなければならない。もっと日本の農業を見直し、みんなで応援したいものである。

    19:31:55 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-25

    つつじの木は倒れたが・・・。


     先の台風13号は庭のつつじをなぎ倒した。200年から250年は経っているつつじである。毎年ピンクの花を咲かせていた。栄枯盛衰と言うが、いつかは枯れるのだろうが、歴史を見てきた花である。
     私の家の周りは、字が陣の内と言い、三城にお城があった頃、佐賀藩よりの攻勢があり、陣を敷いたところである。つつじは、侍たちの勇ましさを見て、明治の近代国家の夜明けを感じ、太平洋戦争を見てきている。そして、毎年美しい花を咲かせ、人々の心を和ませてきたのだ。気の幹が折れたが、根はまだしっかりとしている。また復活して若い芽を出すだろう。不景気風が吹く中、しっかりと根を張り、つつじに負けない根性を持とう。

    19:24:39 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-24

    風邪が治らない・・・。

     体力が衰えたのか、それとも疲れなのか、風邪がなかなか治らない。直りかけるとまたぶり返す。風邪をひかない人もいる。”バカは風邪をひかない。”と言うが羨ましい限りである。
     頭が痛くなる、のどが痛くなる、そして熱がでる。いつもワンパターンの症状だ。「そんな風邪しかないのか。」と言いたくもなる。風邪だ風邪だと思っていた人が肺癌で会ったとも聞く。「ちょっとちょっと用心しなさいよ。」
    なんと言っても健康が第一、日ごろから身体を大切にしましょうよ。

    20:03:52 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-23

    やはり秋が来た。

     昨夜から久しぶりの雨、今日は少し肌寒い風が吹いている。秋の気配を感じる今日の天気である。2日前のインターネットでは、秋物はまだ先になりそうと出ていたが、秋の気候はもう始まっている。一雨ごとに寒くなっていくのだろう。
     四季が段々に薄れているような感じもするのだが、四季はやはりあって欲しいと思う。四季折々の風情がとてもすばらしい。秋はなんと言っても紅葉である。近くの雲仙、京都、飛騨高山、等々、いろんな紅葉を見てきたが、それぞれに違った趣があり、それぞれに風情がある。これから、私の周りではイチョウの葉が色づき、そして秋風に吹かれ、道路を川のように流れ、多くの落ち葉が吹き溜まってくるだろう。落ち葉を集め、掃除するのも風情の後の産物でもある。

    10:50:14 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-21

    美しい地球を守りたい・・・。

     もう10月も下旬に入った。朝夕は少し秋の気配を感じる気候だが、日中は未だに暑い。桜の花が咲いたり、今が秋なのか、季節の判断が難しいような気がする。
     地球は暑くなるという。フロンガスの影響か、それとも二酸化炭素の排出によるものなのか、地熱が高まるのか、いずれにしても地球は温度が上がるようだ。温度が上がれば北極の氷は解け、海水は水かさを増す。すると陸が水によって侵食されることになる。
     人間は、自分のエゴで知らぬ間に地球を環境破壊している。自然の美しさや宇宙の美しさは次第に感じれなくなり、感じたときには地球は汚染された星になってしまう。科学が進歩して、宇宙旅行も出来る時代になったが、人間は自分が住む地球すらきれいに保つことが出来ない。そんな科学でしかない。
    これからは、環境を守り、地球を守る意識を持ちたいものである。小さいことの積み重ねを大切に・・・。

    18:04:36 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-20

    大村湾で昆布が育つ。


     大村湾に昆布が育っている。昆布は北の海で生育するものと思っていたが、九州の大村湾で生育している。昆布は稚魚を守り、海を浄化する働きがあるという。閉鎖海域で、海も汚染されている大村湾。そんな中で、漁業を守ろうと、昆布を育て、稚魚を育み、且つ海を浄化しようとしている漁業者がいる。魚を捕るだけでなく、海をきれいにし、魚を育てていく努力はすばらしい。
     小さな努力かも知れないが、きっと大村湾もきれいになり、魚も増えていくだろう。

    18:42:11 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-19

    明日は明日の風が吹く・・・。

     
     都市部では景気が良いと言うが、田舎にはそんな風は吹いてこない。気候も段々と寒くなって行くのだろうが、景気も比例して行くような気がする。
     北朝鮮は経済制裁のままだと、1月で食糧難になるという。指導者たちのメンツやわがままで、弱い人間は犠牲となってしまう。日本だって、平和に見えるけれど、危険性のあるアメリカ産牛肉、多量の農薬がかかった中国野菜、等々、食の安全もままならず、外国への資金供与は大盤振る舞いのようである。「少なくとも景気くらい回復させなさいよ。田舎まで・・・。」そんな愚痴も出てしまう。
     しかし、一生懸命は忘れてはならない。一生懸命努力している所には、明日は明日の風が吹くだろう。少しはいい風がさ・・・。

    19:30:41 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-18

    合気道を始めて間もなく1年。


     合気道を始めて間もなく1年を経過しようとしている。60の手習いというが、来年は還暦、亥年がやってくる。正に60の手習いであろう。
     今、4級審査合格というところ、果たして進歩しているのやら?でも、健康になってきているのは間違いない。 合気道をただの武道と思っていたがとんでもない、奥が深いこと。気を出す、気を通す、呼吸を整える、呼吸を止めずに流す。一つの業が呼吸と共につながり、気がつながっていく。そこに無辺の力が出てくる。森羅万象、宇宙の力が湧いてくる。気はそこから出る潜在的な力のように思う。本当はどうか分からないが、初心者の私が感じる合気道である。
     間違いなく言えることは、血流が良くなり、有酸素運動であり、健康には良いと言うことである。マイペースで健康を維持していきたいと思う。

    20:08:46 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-17

    胃腸検査をして・・・。


     今日、胃カメラと大腸カメラの検査を受診した。2年ぶりだが、来年還暦を迎える私にとっては重要な検査だ。
     まだまだこれからの人生、健康で楽しい一生を送らなければならない。子供も一人前に、そして仕事も満足できるようにならなければならない。一日一日の努力を大切に、生かされていることを感謝して、また明日を迎えるのだ。
     診断の結果、食道が少し炎症していたが、胃は比較的健康であった。大腸は3個のポリープを摘出し、病理検査に廻すことになった。2年前も良性だったので、多分今回もそうだろうと思っている。
     天命や宿命といったものがあるのかも知れないが、やはり検査は大切だと思います。私の日記を見て頂いている皆さんも健康に気をつけましょう。

    20:04:08 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-16

    秋に桜が花を・・・。


     15日、長崎市の卸団地を久方ぶりに通った。私たちを待ち構えていたのかのように、卸団地にある桜の木には、どの木にも桜の花が咲いていた。桜は、春爛漫の象徴的な花、秋の日差しに桜は咲いていた。
     異常気象なのか、それとも四季がなくなって来たためなのか、いずれにしても桜の花は咲いている。
    「オーイ、桜よ!何でお前は秋に花をつけるのか?」桜に聞かないと事情を知る由もない・

    20:35:59 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-12

    沖縄を旅して平和を思う。



     今年1月結婚式で沖縄へ行った。翌日、沖縄市内をガイドさんと一緒に廻った。海軍司令部の地下壕、平和公園、ひめゆりの搭など、全てが沖縄戦の惨い歴史が刻まれた場所である。若い命が戦争と共に散っていった。1フィート運動によるアメリカ軍の当時の映像を見ると、無残な光景である。
     折しも、北朝鮮は核実験を行った。世界平和が叫ばれている中、逆行する行為である。沖縄玉砕、広島・長崎の原爆投下、私たちは世界平和を実現しなければならない責任がある。次世代の人たちのためにも・・・。

    20:04:38 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-11

    自然に恵まれた歴史の町・・・。



     野岳より大村湾を望む。写真はあまり良いロケーションではないが、大村市は高台から大村湾を望むことが出来る。大村湾には海上空港があり、大村湾を一周すると、季節ごとに風情がありとてもきれいである。
     故郷である大村市は、海、山、川と自然環境に恵まれ、また歴史的にも伝統のある町である。かつての藩主がキリシタン大名であり、遣欧使節を派遣し、江戸末期には薩長土肥の肥前藩として明治維新に貢献しているのだ。
     私たち市民は、自然環境ににも恵まれ、歴史と伝統のを重んじ、郷土愛を大切にして行きたいものである。そして、子供たちにも伝承していかなければならないと思うのだが・・・。

    10:26:37 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-10-10

    四季を感じ、豊かな心を育もう。



     飛騨高山の飛騨の里で一番古い家である。ほとんどが合掌造りの家だが、この家は合掌造りではないようだ。一昨年訪れた時、カンザスシティーから来たアメリカ人の老夫婦と出くわし一緒に廻った。日本の伝統や、飛騨の里をはじめとした小京都と言われる飛騨高山を「Beautiful!」と言って楽しんでいた。
     これから高山も木々は色づきはじめるだろう。飛騨川の両岸も美しく色づき、流れる川面に写り、列車で行く人々を楽しませることだろう。
     四季のある日本、四季折々の風景を見られる幸せがある日本、美しいものを美しいと感じる心を育てたいと思う。恵まれた気候の変化を与えられている環境に感謝して、豊かな心を育もう。犯罪のない日本であって欲しいから・・・。

    22:46:36 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]