ナビゲーション

  • 前の月
  • 次の月
  • トップページ
  • 管理者ページ


  • カレンダー

    < 2006/09 >
    MonTueWedThuFriSatSun
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 

    エントリー一覧

  • (no title)(2005/12/24)


  • (no title)(2006/02/03)


  • (no title)(2006/02/04)


  • (no title)(2006/02/07)


  • (no title)(2006/02/08)


  • [ More... ]

  • アーカイブ一覧

  • 2007-09
  • 2007-08
  • 2007-07
  • 2007-06
  • 2007-05
  • 2007-04
  • 2007-03
  • 2007-02
  • 2007-01
  • 2006-12
  • 2006-11
  • 2006-10
  • 2006-09
  • 2006-08
  • 2006-07
  • 2006-06
  • 2006-05
  • 2006-04
  • 2006-03
  • 2006-02
  • 2005-12


  • カテゴリー

  • All
  • General


  • リンク集

  • 長崎県宅地建物取引業協会

  • おおむらンド


  • Powered by
    Powered by Nucleus CMS



    Page to : 月別アーカイブ

    2006-09-26

    台風13号は去ったが・・・。


     台風13号は大きな被害を残して去って行った。自然の力には為す術がない。科学技術は進歩し、何でも出来ないものはないように思えるのだが、自然の力にはお手上げである。
     自然を無視し山を切り開くと、保水力は低下し水害が起こる。また伐採は動物の生態系を壊し、山に住めない動物は里に下り、農作物を荒らすようになる。自然界は共存共栄を図るべきなのに、強いものだけが残ることになる。自然との調和が必要である。
     台風の被害を避けるためには工夫が必要である。自然の力に順応できるような都市づくりをしなければならない。自然を残し、建物の高さを考え、いろんな工夫をすることで対応できることもある。天災だけでなく、被害には必ず人災がある。人災を防ぐことをもっと考えることが大切である思う。心の問題として・・・。

    11:19:30 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-09-24

    ディズニーシ-で感じたこと。



     先週、ディズニーシーへ行った。おっさん3人が一緒に廻った。連休のせいか、どのイベントホールもいっぱい、30分待ち、60分待ちと言う状態であった。おっさん3人が若者たちと廻る場所ではないと思う。周りの状況を見るとそうかもしれないが、それも違う違うのかも?
     大人もその状況の中に順応して、童心に帰ることも大切なことだろうと思う。子供や若者が楽しめて、大人が楽しめないはずはない。やはり、その場その場の状況の中で楽しむこと、また節度を持つこと、人と対応する時も相手の気持ちを考えること、場違いな行動をしないこと、何でもそうだが心を開くことが大切だろう。

    13:34:48 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-09-23

    レインボーブリッジを眺めて



     お台場のフジテレビの近くから見たレインボーブリッジである。普通道の1階と高速道の2回とがある2階建ての橋である。とてもロケーションがいい、ビル群と海と空が調和し、橋の緩やかなカーブが優しさを表現しているかのようである。
     東京には街中に緑が多く見える。田舎にあるような雑然としたものではなく、ビル群と調和した感がある。都会のオアシスト言ったところだろう。その緑がとても美しい。

    12:50:42 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-09-17

    ガスの科学館にて。



     ガス会社の招待で東京ガスの見学に行った。写真は「ガスの記念館」の屋上である。東京のお台場にある。エレベーターで上がると屋上に出る。そこには芝生を敷き詰めた広いスペースがあった。屋上とは思えない芝生の庭である。その庭は水平ではない。写真でも分かるように少し勾配がついている。この勾配は地球の円周を17,000分の1に縮小したものだという。地球の外周そのものであり、私が立つと、地球に立ったウルトラマンとでも言ったところだろうか。なぜ、こんな庭を造ったのかは聞かなかったが、天然ガスは地球の地底の深い層の中にあることを表したかったのではないだろうか。この建物の中にはガスエネルギーの不思議があった。

    15:30:48 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-09-09

    温泉で・・・。


     忙しくて温泉にしばらく行ってなかったが、会議が温泉と言うことで一石二鳥、久しぶりに温泉へ行ってきた。場所は嬉野温泉大正屋、いい湯であった。温泉好きの私は、3回も入ってしまった。温泉疲れか、会議疲れか、宴会疲れか、今日は少し疲れてます。
     来週は木更津温泉、これも久しぶりの温泉かな?

    18:34:11 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]

    2006-09-02

    季節は?人の心は?政治は?

     九月に入って朝は涼しくなったように思う。日中はまだ残暑が厳しい。四季の変わり目は肌で感じるようになる。秋はもうそこに来ているのだ。
     季節は規則的に変化し、特に四季のある日本はその変化が目に見えて分かる。しかし、人間の心は段々にすさんできているように思う。殺人事件、安心して学校にも行けないようなことが起こる。何がそうさせているのだろう。政治も政治家の保身でしかないように思う。国民のための政治はどこに行ったのだろう。リンカーンが言う「国民による国民のための政治」はどこに行ったのだろう。
     危険なアメリカ産牛肉輸入再開、危険な中国野菜・・・。安ければいいと言うわけではない。
     フィブリノゲンの訴訟問題、もっと慎重な対応が国にあれば、訴訟なんて起こりはしない。人の命は大切ではなくなっているのか?不思議な国である、私たちが住む日本は。いい国にしたいものである。みんなので・・・。

    19:55:02 - hatiroにメールを送る - コメントする[ No comments now ]